• ホーム
  • 負担をかけず避妊が出来る低用量ピルのトリキュラー

負担をかけず避妊が出来る低用量ピルのトリキュラー

カプセルと瓶を持っている女性

トリキュラーは低用量ピルといわれている種類のピルで高い避妊効果があることで知られています。
きちんと飲み忘れなく毎日決まった時間に服用することで99%の高い確率で妊娠を予防できます。
そういった避妊効果の高さから非常に人気があり、日本国内でも利用者が多い低用量ピルになります。

トリキュラーは含まれているホルモンの量を極めて低くしてあるため、副作用が出にくく不正出血が起きにくいということでも定評があります。
これは含まれている黄体ホルモンであるレボノルゲストレルの量を3段階に分けて配合していることと関係しており、段階的に量を増やすことで少ない量でありながらも薬の効果がしっかりとでようなメカニズムになっています。

トリキュラーに含まれている女性ホルモンはレボノルゲストレルの他に卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが配合されています。
エチニルエストラジオールの配合量は全ての錠剤で同じ量ですが、レボノルゲストレルは3段階に分かれて折り6日、5日、10日で違ってきます。
そういった違いを作るのは、本来の身体の中で分泌される女性ホルモンの量に合わせてあるからで、自然な状態に近づけることで体への負担が少なく副作用が起きにくいメカニズムになっています。

生理周期の前半部分では黄体ホルモンの量は少なくても問題ないため、できるだけレボノルゲストレルの量を減らし生理周期トータルでの黄体ホルモン量を少なくしながら、必要になってくる後半部分だけでレボノルゲストレルの量を増やし避妊効果を高く保つことができます。
その反面、順番通りに服用しないと避妊効果が薄れてしまうため、きちんと毎日順番通りに飲む習慣がつけられる人に向いています。
実際に飲み忘れによる失敗率が9%あるという報告があるため、飲み忘れてしまった人で妊娠してしまった人がいるということになります。
トリキュラーを服用する時には、飲む順番を間違えないことと飲み忘れをしないように気をつける必要があります。

トリキュラーよりも含まれている女性ホルモンの量が少ない種類のピルには超低用量ピルという種類のものがあり、超低用量ピルは第4世代ピルとも呼ばれている新しいタイプのピルです。
トリキュラーはそれよりも古くから発売されており、世界中で愛用者が多い低用量ピルです。
ヨーロッパではすでに80%の人がトリキュラーを使用しているという報告があるほど使用者が多いピルになります。

トリキュラーの服用方法について

トリキュラーの服用方法はきちんと決まった順番で服用し始めることが大切なので、シートに書いてある日にちを見て順番を確認しましょう。
最初の6日間は赤い錠剤のものを服用します。
一日に1錠の服用になりますが、服用するタイミングは自分のライフスタイルの中で忘れにくいと思われる時間帯に設定しておくと飲み忘れを防ぐことができます。
他の毎日行う生活習慣と同時に服用するというタイミングにしておくと、毎日行うこととセットでできるので飲み忘れを防ぐ効果があります。
副作用である吐き気が出やすい人は寝る前に飲むようにすると吐き気を感じにくくできます。

他にはアラームをセットしておいて忘れないようにするという方法や、飲み終えたらカレンダーに記入して行く方法などもあります。
毎日飲んでいると今日の分をすでに飲んだのかどうかがわからなくなってしまうことがあるので、飲んでからチェックを入れるという方法がおすすめです。
またピルケースのようなものを使えば1週間分のトリキュラーを入れておき、残った錠剤を見ればその日の分を飲んだかどうかがわかるという方法でも飲み忘れや飲み間違いを予防できます。

赤い錠剤を6日間服用し終わったら、次は白い錠剤を飲み始めます。
同じように毎日決まった時間に飲むようにして、5日分を飲み終えたら次は黄色の錠剤を飲み始めます。
黄色の錠剤を10日間服用すれば周期は終了です。
この後に7日間薬を服用しない休薬期間があります。

休薬期間はトリキュラーの種類によって、薬の効果がないものを7日間飲み続けるものと、なにも飲まずに7日間過ごすものがあります。
薬の効果がないものを飲むのは、飲まない期間が出ることで飲み忘れをしないためのものです。
飲まなくても避妊効果には変わりありませんが、ピルを飲む習慣を7日間止めていることで、次の周期に入った時に飲み忘れてしまうことが多いので、習慣を変えないように特に効果のない錠剤を飲むという行為を行います。

この休薬期間の間に消退出血という出血が起こります。
生理と同じようなものですが、子宮内膜が厚くならないので量が生理よりも少ないことが多いでしょう。
そして消退出血が何日間続くかには個人差がありますが、出血をしている状態であっても休薬期間の7日間を過ぎたら、次の日から新しいシートの1日目の錠剤を飲み始めます。
このサイクルで毎回周期が28日周期で安定して過ごせるようになります。
始めてトリキュラーを飲み始める時には生理の1日目にシートの1錠目を飲み始めるようにして使っていきましょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿