• ホーム
  • 更年期障害に対してピルの服用が効果的?

更年期障害に対してピルの服用が効果的?

更年期障害とは、一般的には40代後半あたりから50代後半にかけて訪れる原因のよくわからない体調異変のことを言っています。
従来は、女性だけに訪れるものと考えられていましたが、最近は男性もかかる人がいることが分かってきました。
女性の更年期障害は、卵巣機能が衰えて生理が終わり閉経となる頃に、体が火照って発汗がひどくなったり、不安やイライラが募ったり、動悸やめまい、疲労感に襲われたりするなど、さまざまな症状として現われます。
特に、体が火照ってくる症状はホットフラッシュ、汗が急に出てくる症状はスウェッティングと呼ばれ、女性特有の症状とされています。

女性の更年期障害の原因は、閉経前後に女性ホルモンであるエストロゲンが著しく減少していくことというのが分かっています。
卵巣機能が衰えて閉経することが契機の一つになっていますが、それ以前に生理不順といった形でも現れるのです。
女性の場合の更年期障害は、ほぼ閉経と同じ頃にやってくるので認識しやすいものです。
しかし男性の更年期障害は、女性と同じように男性ホルモンであるテストステロンの減少によって起こるのですが、その減少のし方がゆるやかであるため、症状についても分かりにくいものとなっています。

女性ホルモンのエストロゲンには骨を強化する働きもあるのですが、これが減っていくことで骨粗しょう症になりやすいということも指摘されています。
それに、動脈硬化など生活習慣病になる可能性が高くなってくるという報告もあります。
更年期障害は、加齢とともにだれにも訪れる症状です。
ただし、更年期に限って現れる症状でもあるため、ホットフラッシュやスウェッティングをはじめ、さまざまな症状を悪化させないようにしなければなりません。
更年期特有の症状であると割り切って、うまくつき合い上手に乗り切るという姿勢が必要なのかもしれません。

まずは、女性の更年期にある生活や仕事のストレスについて、うまく対応していくことを考えましょう。
たとえば、更年期の頃になると子どもの受験や就職、あるいは結婚など生活の変化がストレスの原因になりがちです。
また、閉経を迎えることで女性としての自信を失うこともストレスとして挙げられています。
そして、生活習慣も症状を悪化させる原因の一つに数えられています。
そこで、自分の現在の生活について運動不足や睡眠不足などがないかを振り返り、もしそれがストレスを増長させているようならば、ピルなどを用いて失われてしまった女性ホルモンを効果的に補充する以前に、生活改善にも努めるようにしなければなりません。

また、更年期障害におけるストレスは老後の生き方に関わるものが多いので、簡単に排除すればいいとは言えないものです。
本質的な対応が問われるものなので、じっくり向き合う姿勢が必要になってくるでしょう。

更年期障害はホルモン補充療法で治療!

更年期障害とうまくつき合い上手に乗り切るためには、生活を改善してみるほか、新しいことに挑戦してみるというのも有効な方法です。
食事の改善もその一つです。
女性ホルモンの補充を意識した食事を摂り入れるということです。
大豆にはイソフラボンが豊富に含まれていますが、このイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをしてくれます。
豆腐や納豆などを日常食として積極的に摂り入れることで、副作用と無縁の大きな効果が期待できます。
また、イソフラボンは骨を強化する働きがあるため、女性の更年期特有の症状でもある骨粗しょう症の予防にも効果があります。

また、更年期障害の治療としては、ピルを効果的に摂り入れるということも考えるべきでしょう。
更年期障害の有効な治療方法として、ピルや貼り薬を用いたホルモン補充療法というものがあります。
ホルモン補充療法は、女性の更年期障害治療の一般的な治療法となっていて、この治療では女性ホルモンを直接ピルや貼り薬で補充するという方法がとられています。
女性ホルモンを代表するエストロゲンだけを補充する方法と、プロゲステロンというものも一緒に補充する方法があります。

このホルモン補充療法は、婦人科を受診することで受けることができます。
ホルモン補充療法は女性ホルモンそのものを直接摂取するため、とても効果が出やすいものなのです。
とくにエストロゲンとプロゲステロンを同時に摂取する療法については心臓病や乳がんの報告があることから、リスクについても考えておかなければならないとされています。
婦人科を受診する際に、がん検診などについても相談しておくなど、リスクについて考えておく必要があるでしょう。
更年期障害の治療法としては、ほかに漢方によるものもあります。
漢方薬は、個人の体質などよって効果の現われ方が変わってくるので、自分の体質に合った薬を選ぶことが大切です。
また、漢方薬は比較的に副作用が少ないとされていますが、まったくないというわけでもありません。
服用する際には漢方医ときちんと相談する必要があります。

ホルモン補充療法を受けることのできない人の場合、漢方薬のほかに、時には睡眠薬や向精神薬の使用も考えなければならないかもしれません。
ただ、その際も自分勝手な服用は避けて、医師と相談して服用するようにしなければなりません。
更年期には、若い頃は血圧が低めだったという女性も高血圧になりがちということも指摘されています。
更年期障害で婦人科を受診した際には、血圧についてもきちんと計測してもらうなど気を配っておくほうがいいでしょう。
高血圧もなかなか治りづらい病気なので、降圧剤を処方してもらうなど、しっかり対処していく必要があります。

関連記事