• ホーム
  • 低用量ピルは避妊以外にも効果があります

低用量ピルは避妊以外にも効果があります

薬を飲んでいる女性

生理の1週間前くらいになるとイライラしたり胸が張ったり、おなかが痛くなったり、むかむかと吐きけがしたりなどして気持ちが沈んだり、体調が悪くなったりすることありませんか。
それらはすべて女性ホルモンの影響でおきます。
いつもは整っているホルモンバランスが崩れて、そういった症状がおきてしまいます。
ホルモンバランスは、環境が大きく変わった時や体調の悪い時、産後等にも崩れやすいものです。
女性の心と体はデリケートなので、そういった時は心身を休めることが重要で、休みにくい時ならば、周りの人に頼ったりしたほうがよいです。
お付き合いをしている方がいる場合は自分のそんな体質的なことを知っておいてもらうほうが、今後のためにも良いでしょう。
そして、そんな辛い状況を緩和する、女性の強い味方が実はあるのです。

それは低用量ピルです。
低用量ピルは、ピルという名前から避妊のお薬というイメージを抱きがちです。
もちろん、きちんと飲むことで避妊効果がきわめて高いお薬なのですが、効果はそれだけではありません。
低用量ピルは、生理痛や生理不順といった月経困難症や、月経前症候群(PMS)に優れた効果を発揮します。
きちんと服用することで子宮内膜を厚くすることを防ぎ、月経を軽くします。
排卵による子宮のダメージも軽減し、卵巣がんになる可能性も減らします。
生理痛は学業や仕事に支障が来るほどひどくなることがありますし、生理不順は旅行などの様々な計画も立てにくく、不安感も増幅させます。
そういったものが整うので心身ともに楽になります。

そして、まだ生理が来てもいないのにイライラが激しくなったり、体調が悪くなるような月経前症候群(PMS)は対人関係にも影響します。
折角仲の良かった友達や彼氏とも喧嘩をしてしまう原因にもなりかねません。
低用量ピルはそういった月経困難症、月経前症候群(PMS)をやわらげてくれるので、婦人科医ですすめているものです。
月経困難症、月経前症候群(PMS)で苦しい想いをしている人は一度、婦人科に行き、相談してみましょう。
なお、漢方薬で月経困難症、月経前症候群(PMS)を和らげることも可能ですので、どうしても抵抗がある人はそちらのことも聞いてみると良いでしょう。
しかし、漢方薬には避妊効果はありません。
低用量ピルはきちんとのむことで、避妊効果をはじめとして女性の悩みを改善する様々な効果を持っています。
持病のある人を含め、服用に不安のある人はまず、婦人科で相談してみましょう。

低用量ピルはニキビや肌荒れ対策にも使えます

低用量ピルの効果は以上述べたようなことだけではありません。
ほかにも嬉しい効果がたくさんあります。
ピルというと強い避妊薬というイメージをもたれる方もまだおられるでしょうが、現在出ている低用量ピルは低用量であるため、必要とされる効果は十分ありますが、さほどきついお薬ではなく、副作用もほとんどおきません。
きちんと毎日飲むことで避妊をはじめとした効果が出るというものです。
避妊以外の効果としては、ニキビなどの肌荒れを改善して、つるつる肌へと導いてくれる効果もあります。
月経にまつわる不快症状を緩和するだけでなく、月経日をコントロールすることも可能となります。
婦人科医に相談の上、飲み方の指示を受けてください。

競技の試合の日時が決まっている方は生理日をずらすことで、万全の体調で実力を発揮することが可能となります。
また、卵巣がんになる可能性もへらしてくれるため、低用量ピルの服用は女性にとって利点が多いものでしょう。
欠点は毎日欠かさず飲まなくてはならないというめんどくささはありますが、朝ごはんの後には必ず飲むというように決めておけば大丈夫でしょう。
費用は避妊目的であれば自由診療となり、お医者さんにかかると10割負担での支払いになりますが、月経困難症、月経前症候群(PMS)の場合は保険が適用される可能性も高いです。
その場合は3割負担で済みます。

体調が整い、ニキビ、肌荒れもなくなればすべてにおいてうまくいく気がしませんか。
避妊に関しても、男性任せでなく、女性が主体的に自分の身を守る、望まない妊娠はしないという強い意志を持つことは女性が生きていくうえで重要なことです。
低用量ピルは副作用は極めて少ないものですが、まれにだるさや吐き気が続く人もいます。
しかし、飲んでいくうちに体が慣れて、そんなこともなくなっていきますが、どうしてもおさまらないなどの場合は、薬を変えてもらうことも可能ですから、婦人科医に相談しましょう。
話しやすい、貴女にピッタリの、なんでも話せる婦人科医を見つけておくことも、今後助かります。

それから、低用量ピルは避妊は出来ますが、性病予防には役に立ちません。
性病予防にはコンドームが最適です。
相手の気持ちだけを優先させるのではなく、お互いのこれからのことを優先させる。
低用量ピルを正しく使って、ますます輝く女性として生きていきましょう。
しかし、調子が悪い時はくれぐれも無理はしないようにしてください。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧