• ホーム
  • ピルの服用で太ると言われる理由は?

ピルの服用で太ると言われる理由は?

ピルを飲むと太りやすくなるといわれますが、その原因は2つあります。
それはピルを飲むことで食欲増進とむくみが発生するためです。
ピルは体内のホルモンを操作して妊娠している状態と同じホルモンバランスにすることで排卵をとめることができます。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという妊娠すると分泌されるホルモンが含まれるため、服用するとこの二つのホルモンが脳下垂体に働きかけ、妊娠した時と同じような状態になるということです。

妊娠するといってもあくまでもホルモンバランスの範囲での話ですが、身体には様々な影響が出てきます。
目的である排卵を止めるということ以外の作用が生理が止まることです。
そして副作用として言われるむくみや太りやすくなるということですが、これらは個人差が大きいため、同じ種類のピルを飲んでいても必ず同じような症状が出るとは言い切れません。

妊娠した時もその症状は人それぞれあるように食欲増進し太る人もいれば、全く食べ物を受け付けなくなって痩せてしまう人もいるのと同じことです。
ただ、いつかは終わりが来る妊娠期間やつわりの時期と違ってピルは慣れこそあるものの、飲み続けている限り症状が続く可能性があるので注意が必要です。

むくみや食欲増進といったものは普段の生活の心がけでも改善することができますので試してみましょう。
それには自己管理が必要になりますので、食欲に任せて食べものを口に運ぶといったことをやめる努力や毎日体重をチェックするという心がけが必要です。
ピルの成分が脂肪を蓄えさせたり、太らせたりということではなく、単に食欲が増しているだけですので、ピルを飲んでいるからという甘えで食べてしまわないように注意してください。

むくみの理由はピルを飲んでホルモンバランスが変わることで、体内に水分を溜め込みやすくなることです。
だからといって水分をとらないようにするのは逆効果ですので、体内の水分の巡りを良くする、常に新しい水分に取り換えるという気持ちで水分摂取を行いましょう。
ポイントはこまめに水分を少量ずつ摂取することです。

むくんでいるのか太ってしまったのか判断がつかないときには軽く指で押してみて跡がつく、夕方に靴がきつく感じるかでむくみであると判断することができます。
ひどくなるとしびれや痛みを感じることもあるので、慢性化させずに定期的にむくみを解消することをおすすめします。
また、普段の食事も塩分を控えめにしておきましょう。

むくみを取るために普段から運動やマッサージを行なう

ピルで太る理由は自己管理が甘いということになりますが、むくみは自分ではコントロールできないので、普段から運動やマッサージを行う習慣をつけるとよいでしょう。
また、むくみが慢性化すると、たまった水分によって冷えが起こり、冷えた部分に脂肪がついてしまうこともあるので、本格的な体重増加にもつながりやすくなります。
しっかりむくみを解消してスッキリした身体を維持できるようにしましょう。

マッサージや運動がむくみに効く理由は、むくみの正体が体に溜まった余計な水分ということが関係しています。
身体の中には血液が絶えず巡っていますが、他に水分やリンパ液が血管の外ににじみ出て老廃物などを回収し、また血液に乗って心臓に帰るという仕組みがあります。
しかし、この老廃物を含んだ水分、リンパ液が正常に血管に戻れずに停滞するとむくみの症状が現れるのです。

そこで、本来であれば自分の力で戻っていく水分をマッサージや運動で手助けしてあげるということが改善に役立ちます。
特に下半身にむくみが起きやすいのは、水分が下に溜まりやすいということが関係しているので、マッサージをする場合は下から上へと向かって動かすことが大事です。

筋肉が動くことによって血管の収縮が起こり、ポンプの役割をするため血流をしっかりと心臓に送り返すことができるので運動も効果的。
運動といっても激しいものを選択する必要はなく、軽いランニングやウォーキングでも続けることで十分な効果が現れます。
大事なのは1度で辞めてしまわず、継続的、定期的に続けていくということです。

運動は食欲が収まらないときの気分転換にもなりますし、体重をしっかり管理するうえでも外せません。
マッサージは時間を決めて生活習慣のひとつとして組み込むことが続けていくことのポイントです。

最も効果的なのが夜の入浴後、睡眠前にマッサージをすること。
夜はどうしても水分が溜まって、一日の中でも最もむくんでいる時間になります。
入浴で血流が良くなることも相乗効果になりますので、このタイミングを逃さないようにしましょう。

ピルを飲むことでの体調の変化は個人差が大きく、症状が現れたとしてもその強弱も人それぞれです。
いずれにしてもあまりにもひどい場合はかかりつけ医師に相談し、ピルに種類を変えたり量を変えたりということを検討してみましょう。
その上で、症状を軽くできるような日々の工夫が大事です。
太ること、むくむこととも上手に付き合っていきましょう。

関連記事