• ホーム
  • ピルの服用が出来ない女性の条件とは?

ピルの服用が出来ない女性の条件とは?

避妊以外にも生理痛の緩和などでも使われているピルですが、残念ながら処方することができないケースもあります。
ピルは安全な薬ですが、毎日毎日休むことなく服用し続ける薬なので安全性を第一に考えると、制限を設けざるを得ません。

それは、ピルを服用すると血液を固まりやすくする成分が増えて血栓症のリスクがほんの少しですが高くなるからです。
このリスクがさらに高くなるようなケースでは、ピルを処方できません。

35歳以上で1日15本以上喫煙されている女性、目の前がキラキラしたり生あくびが出るなどの前駆症状を伴う片頭痛がある人、十分にコントロールできていない高血圧や糖尿病がある人、肥満の方でBMIが35以上の方です。

また、服用してはいけない禁忌となっている人は以下に当てはまる人です。

  • 乳ガンや子宮ガンの疑いがある人
  • 原因不明の性器出血がある人
  • 血栓症の方や今までに血栓症になったことがある人
  • 血栓症になりやすいから気を付けるようにと言われたことがある人
  • 手術後の人や予定されている手術がある人
  • 悪玉コレステロール値(LDLコレステロール)や中性脂肪の数値が高い人
  • 妊娠している可能性のある人
  • 授乳中の人

タバコは百害あって一利なしと言われますが、やはりここでも同様です。
血栓のリスクが非喫煙者の2倍以上になります。
一日1箱吸う人では5倍と言うデータもあります。

糖尿病や高血圧は、きちんとコントロールができている場合は処方できることもあるので、婦人科医や内科の主治医とよく相談してください。

BMIと言うのは、肥満度のことです。
体重÷身長(m)÷身長(m)を計算してください。
身長が160センチで80㎏の人なら、80÷1.6÷1.6で31.25なのでセーフですが、160cm90㎏となると、90÷1.6÷1.6で35.15なのでアウトです。
ピルの処方はできません。
ダイエットをして出直しとなります。
BMIが30を超えると血栓症のリスクは5.5倍と言われています。

血栓ができやすくなるのは、ピルの主成分のエストロゲンが血液を固まりやすくする性質があるからです。
だからと言って、いたずらに怖がる必要はまったくありません。
健康な人が重篤な血栓症になるのは、10万人に2人ほどと極めて頻度は少ないです。

ピルを服用すると子宮ガンになりやすくなると思っている人が多いようですが、逆です。
卵巣ガン、子宮体ガン、大腸ガンはリスクを下げます。
乳ガンは関係ないという婦人科医と関係ありという婦人科医がいて、入り乱れている状況です。
しかし最もリスクが高くなるというデータで、1.24倍高くなるとなっています。
しかし、乳がんの疑いがある人には処方できません。

ピルは何歳から服用できて何歳まで可能かですが、ピルの服用は海外では14歳以上から安全性が証明されています。
日本では、15歳くらいからが良いだろうと考えられてます。
40歳以上は慎重投与、50歳以上は投与禁止となっています。

女性の喫煙は肌への悪影響も大きくなる

喫煙は、どのような病気にも多かれ少なかれ関与していると考えられています。
タバコを吸った方がメリットがあるという疾患は、まずないでしょう。

医師に喫煙本数を申告する際は、とかく少なめに言ってしまいがちです。
本当は一日に20本ほど吸っているのに「10本以下に抑えてます」などと、ついつい過少申告してしまう人が少なくありません。

1日15本以上でかつ35歳以上の女性には、ピルは禁止となっています。
それは、血栓症やその関連疾患を発症するリスクが高くなるからです。
タバコを一日に1箱吸う人は吸わない人の約5倍、血栓症のリスクが高くなります。

「35歳以上となっているけど、どうして若い人はいいの」と思うでしょう。
それは、10歳代と30歳代を比べると、血栓のリスクは約3倍になるからです。
40歳代前半では5.3倍、40歳代後半では6.6倍にも跳ね上がります。
年齢を重ねれば重ねるほど、血栓症のリスクが高くなる傾向があるからです。

「たまに、20本を超える時もあるけど、1週間のうち3日くらいは15本以下だから大丈夫だろう」などと軽く考えてしまいがちですが、喫煙本数はきちんと申告してください。
医師はあなたの言ったことを信用して処方しているのですから、嘘はつかなことが自分自身の身のためです。

過少申告をした場合、思いもよらぬ事態に陥る危険性もあるということをしっかりと認識してください。
血栓は早期に気づいて適切に対処すれば消えますが、肺や脳に飛ぶと命に係わる事態になることもあります。

また、ピルを飲むとニキビが改善したり、肌の調子が良くなって老け顔の解消にもなるのですが、喫煙すると、その効果も元の木阿弥ですべてが水の泡になってしまいます。
たった一本タバコを吸っただけで、一日に必要なビタミンCの約半分を消費してしまうのですから、一日に10本も20本も吸っていたのでは、どれほど肌に悪いかは説明するまでもないでしょう。

まだ20歳代なのに老け顔の人は、たいてい喫煙者です。
逆に40歳以上でも若々しく見える人の中に喫煙者は、まずいません。
40歳以上でも若々しく見える人は、やはりそれなりの努力をされています。

食生活にも気をつけて睡眠もしっかりと摂り、ストレスを上手に発散して、適度な運動をされています。
若いうちからこれらのことに気をつけて、さらにエストロゲンの力を借りてきれいな肌を保っていれば、いつまでも若々しく見えるでしょう。
これを機会にぜひ禁煙にチャレンジしましょう。

関連記事
人気記事一覧