• ホーム
  • アイピルとはどんなピル?

アイピルとはどんなピル?

アイピルはアフターピル(または事後ピル)と呼ばれる緊急避妊薬の一種です。
性行為中に避妊具が破損するなどして、避妊効果が不十分だと思われる時に使用されるノルレボ錠の内服薬です。
アイピルには女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと同じ成分が含まれています。
一般的にアフターピルは通常のピルに比べて女性ホルモンの含有量が三倍ほど多く含まれています。
その為、服用後は頭痛や吐き気などの副作用が出る場合もあります。

妊娠と女性ホルモンの分泌には明確な相関関係が存在し、女性ホルモンをコントロールする事によって、ある程度のレベルで妊娠の確率を操作する事ができます。
具体的には女性ホルモンを大量に投与する事で、子宮を一時的に擬似妊娠状態にさせ、排卵を強制的に抑えます。
その時に受精卵を着床させにくくする能力も同時に働くので、結果的に妊娠の確率を大幅に下げる事に繋がるのです。
アフターピルの入手方法は通常の医薬品と変わらず、産婦人科などの医療機関で診察を行った後に処方されます。
医師の診察の下、処方される薬ですので安全性は高いのですが、これには色々と問題もあります。

まずアフターピルの価格が高い事です。
残念ながらアフターピルは保険適用外の薬で、多少の上下を含めても一万円以上の出費になります。
また必要最低限量のみの処方となりますので、こちらが希望する量を処方してくれる事は殆どありません。
悪い言い方をすれば、融通が利かないのです。
そんなアフターピルの欠点をアイピルは持ちません。

アイピルはジェネリックと呼ばれる後発医薬品で、通常のアフターピルの価格と比べて極めて安価で購入できます。
ジェネリック医薬品は特許の切れた医薬品を他社が製造して販売します。
安価と言っても薬の成分はオリジナルと変わらないので、効果が劣るという心配はありません。
安いもので二千円を下回る価格で販売されていますので、コストパフォーマンスは抜群です。

アイピルの入手方法は輸入代行を利用したネット販売が主流です。
医療機関の診察を受ける必要がないので、経済的な負担を更に減らせる事も利点と言えるでしょう。
但し、個人輸入では手元に届くまで十日前後の時間が掛かります。
アイピルは性行為後三日以内、それも服用が早ければ早いほど避妊確率が上がる薬ですので、事前に手に入れておかないと間に合いません。
個人輸入で間に合わない場合はどうする事もできないので、素直に医療機関からアフターピルを処方して貰いましょう。

アイピルが効果を発揮する服用方法について

アイピルを含めたアフターピルの服用期間は性行為後七十二時間以内が目安とされています。
体内に入った精子の平均生存日数が三日である事が理由で、精子が卵子に到着して着床するのを防げるタイムリミットの上限だからです。
七十二時間以降の服用では効果は殆ど見込めません。
七十二時間以内に服用する事で八割の確率で避妊が成功します。
これはアフターピル全般に言われている事ですが、性行為後なるべく早い段階での服用が推奨されています。
性行為後二十四時間以内に服用した場合の避妊の成功確率が九割強とされているように、早ければ早いほど避妊の効果が見込めるからです。

それとは逆に、時間が経てば立つほど成功確率は低下していきます。
性行為後七十二時間というギリギリのタイミングで服用した場合は、七割強まで成功確率が低下してしまいます。
使用すれば使用するほど失敗する確率が上昇する事も忘れてはいけません。
アフターピル自体が妊娠を絶対に防げる薬ではないので、あくまで緊急避妊薬である事を肝に銘じる必要があります。
アフターピルには二種類の服用方法があり、七十二時間以内に一度服用し、その後十二時間後に再び服用する「ヤッペ法」と、七十二時間以内に一度の服用だけでいい「ノルレボ」があります。

アイピルの服用方法は後者のノルレボですので、一回の服用で済みます。
ノルレボはヤッペ法より身体の負担が少なく、副作用が出にくいというメリットがあります。
アイピルが医薬品である以上、副作用が出る可能性は否定はできません。
人間には個体差があるので、そもそも薬との相性が悪いという事もありえます。
より安全性を重視すなら、最低でも一回、医療機関で処方して貰ったアフターピルを服用する事をおすすめします。

アフターピルは手軽な方法で妊娠を防げる極めて便利な内服薬ですが、前述のように絶対に妊娠を防げる万能の薬ではありません。
避妊回避のメインアイテムとするには余りにリスキーな手段ですので、パートナーに避妊具を着用させるなど他の方法と併せて避妊を行うのがベストです。
身体の負担を考えても、アフターピルの使用はなるべく避けた方がいいのは言うまでもありません。
最後に、アフターピルを服用した後は避妊の成否を確認する為に妊娠検査薬による検査を行った方がいいです。
仮に妊娠が発覚し、中絶を選択したとしても、時間経過が少なければ少ないほど身体の負担を減らす事ができるからです。

関連記事
人気記事一覧